アジスロマイシンは長く効く

アジスロマイシンはマクロライド系の抗生物質です。
副作用が比較的少ないとされていて、子供からお年寄りまで幅広く利用できる抗生物質です。
高い抗菌作用があるので歯科治療、特に歯周病の治療の際によく利用されています。
歯周病以外にも性病のクラミジア、尿道炎などにも利用されています。

細胞に高濃度で留まり長く効くアジスロマイシン、一日あたりの服用量も少なく済むので、副作用が比較的少ない効果と相まって、利用しやすい抗生物質になっています。
ペニシリン系でよく見られる副作用も少なくなっています。
アレルギー反応が出にくい抗生物質です。
過剰に摂取してしまうと、下痢や吐き気などの症状が出てしまいこともあります。

アジスロマイシンは副作用が少ないばかりではなく、幅広い菌に効きます。
効果のある菌種には、ブドウ球菌やレンサ球菌などを始め、リケッチア、クラミジアといった細胞内寄生菌などにも高い効果があります。

アジスロマイシンはドラッグストア等では入手できません。
アジスロマイシンの入手には医師の処方箋が必要になります。
比較的副作用が少なくオールマイティな抗生物質ですが、服用の際に病院で受診をして適切な指示の下の利用が必要になってきます。

アジスロマイシンは呼吸器感染症やリンパ管、副鼻腔炎などにも利用されます。
体内の細胞内で高い濃度を保つことができるので、一日に薬を飲む回数を減らしくれる頭位メリットもあります。
アジスロマイシンは体への負担が少ないことから、小児への安全性も期待されています。

受診の際には持病やアレルギーなどを医師にしっかりと伝えることが大切です。
服用中の薬も医師に伝えておきます。
心臓病や肝臓病などは服用に慎重になる必要があります。