妊娠中のクラミジア治療法にはアジスロマイシン

妊娠中もクラミジアにかかる可能性はあり、妊婦検診で初めて感染を知ることもすくなくありません。クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌が原因の性感染症です。パートナーの一方が感染しているともう片方も感染していることが多いです。女性は感染すると透明なおりものが出ますが、健康でもおりものは分泌されるので、女性は特に気にしません。しかし妊娠中にクラミジアに感染していると、様々な問題が発生します。もしクラミジアが羊膜に移動すると、前期破水の恐れがあります。特に妊娠初期での流産のリスクが高まるので、放置することはできません。感染した状態で出産すると、生まれる時に赤ちゃんが通る参道で感染する可能性があります。赤ちゃんがクラミジアに感染すると、新生児結膜炎や肺炎など命に関わる病気につながります。新生児に対する負担が大きいので、症状が出なくても適切な治療法で完治させることが大切です。しかし妊婦はどんな病気においても適用される治療法が限られています。抗生物質も同様で、全て安全とは限りません。妊娠中でも服用できるのは、マクロライド系の抗生物質の一種であるアジスロマイシンです。通常の抗生物質は、吐き気や胃のむかつきといった胃腸障害を伴うことがあります。一方アジスロマイシンは副作用が出にくいとされ、妊婦のクラミジアの治療法として確立されています。アジスロマイシンは病院に行って診察を受ければ処方してもらえます。今後クラミジアが再発しないように、妊婦とパートナーの二人で一緒に治療します。アジスロマイシンは1週間服用すれば治りますが、早期発見によって赤ちゃんに負担をかけるリスクを軽減することが可能です、