アトピーと細菌感染の関係性

アトピーと細菌感染には関係性というものが存在します。
それは、アトピー肌の人は細菌感染をしやすいというものです。
通常の健康な肌の人は、皮膚が病原体などの細菌の侵入を防いでくれます。
もし、細菌が体内に侵入しても撃退する免疫力を持ち合わせているため、ある程度は安全です。
しかし、アトピー肌の人は、皮膚に炎症や乾燥などをしていることが多く、細菌などから自身を守るための皮膚のバリア機能が弱いため、細菌などが体内に侵入しやすくなってしまいます。
そのため、アトピーの人は皮膚のバリア機能が弱く、免疫力の低下して、外部から細菌が侵入しやすいと言われています。
ですので、細菌感染にならないためにも予防が大切です。
細菌感染の予防として挙げられるのはスキンケアと清潔な身体を保つことが細菌の体内への侵入を防ぐ方法です。
その他にも、ストレスを解消すると感染症になりにくくする、抗菌ペプチドを増やすことができると言われています。
結論として、アトピーと細菌感染の関係は、アトピーを患っていると、皮膚のバリア機能すなわち細菌から皮膚を守る機能が弱まり、さらに抗菌ペプチドが少なくなってしまいます。
そのため、菌に対するバリア機能が不十分であるので、細菌が感染しやすくなってしまうと言われています。